西鉄北九州線の記録

本線(砂津〜黒崎駅前)の記録


はじめに

 西鉄北九州線の「本線」の定義は「門司〜折尾」ですが、先に門司〜砂津間が廃止されたこともあり、敢えてここでは「砂津〜黒崎車庫」間を「本線」と呼ばせていただきます。
 昭和38年に5市が合併して北九州市が誕生しましたが、その中でも「商業の町」小倉〜「製鉄城下町」八幡〜「副都心」黒崎とを結ぶ路線として、人口密度が高い地域を走っていた路線です。いまでこそ「行政単位としての」1つの市ではありますが、この路線に乗ると、旧市毎に微妙に異なる町並みを感じ取れたのではないかと思います。
 余談ですが、小倉(駅前)−折尾間の運賃はJRよりも路面電車の方が安かったんです(所要時間ではまったく相手になりませんが)。


展示物のお題目


Back西鉄北九州線の記録...もくじに戻る

Rainbow
©1996-2017 Project WOTAKA All right reserved